歌手になりたい人に向けて|強みを生かしてキッズモデルのオーディションを受けてみよう

強みを生かしてキッズモデルのオーディションを受けてみよう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手になりたい人に向けて

婦人

メジャーデビューするには

プロの歌手になるためには、音楽業界の人に才能と実力を認めてもらう必要があります。その機会のひとつがボーカルオーディションです。オーディションのタイプには大きく分けて4つあります。ライブ観覧方式、特定の会場で面接する方式、プロダクションが主催する方式、テレビのオーディション番組による方式です。どのタイプのオーディションを選ぶかは、本人のやりたいことによって決まってきます。本格的な歌手を目指すのであれば、実際にボーカルやパフォーマンスを披露できるライブを見てもらうのが一番よいです。一方、ボーカルだけでなくキャラクターもアピールしたい人は、人間性も判断材料になる面接方式が最適です。いずれにせよ、そのオーディションがどのような人材を求めて開催されるのかを見極める必要があります。

実技審査

面接方式のボーカルオーディションは書類審査と実技審査で成り立っています。実技審査で歌う曲は自分で選ぶことができます。この選曲がオーディションの合否に大きく関わってくる要素となります。普段聴いている好きな曲を歌うと、無意識のうちにモノマネのようになってしまうことがあります。そうならないためには、いろんな曲を歌って録音して聴くということを何度も繰り返して、自分に合った楽曲を探す必要があります。その曲が自分のオリジナル曲であるかのように聴こえたら、その曲に決定すべきです。実技審査で注意すべきことは、ことさら個性をひけらかさないことです。普段どおり素直に歌ったほうが、個性や良い素質を審査員に見出してもらえる可能性が高いです。