歌で人を引き付ける才能|強みを生かしてキッズモデルのオーディションを受けてみよう

強みを生かしてキッズモデルのオーディションを受けてみよう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌で人を引き付ける才能

マイク

主催者によって異なる目的

ボーカルは単に歌手という訳ではなく、アーティスト性とカリスマ性を兼ね備えている、歌で人を引き付ける才能がある歌い手といえます。ボーカルの仕事にはバンドやコーラス、CMソング、仮歌などがあります。これらの仕事にボーカルとして参加するには、プロダクションやレコード会社が主催するオーディションを受けて合格する必要があります。また音楽関係の方とイベント等で知り合いコネクションを作る方法もあります。ボーカルオーディションの目的として主催者の共通している目的は人材発掘です。しかし主催者によって人材発掘の目的に違いがあり、個人を主体とした発掘か楽曲を主体とするかに分かれます。したがって、ただオーディションを受けるだけでなく、オーディションを選ぶ事も重要になります。そして自分自信どんなボーカルになりたいのか、目指すべきボーカルとしての方向性を明確にしてオーディションに挑む事が大切です。

如何に自分を売り込むか

オーディションで受かるには、自分の魅力を如何に売り込めるかです。数多く参加するオーディションでは、審査員に対して他の参加者とは違うインパクトを与えなければなりません。それは歌唱力や表現力だけに限らず、どんなボーカリストになりたいのか、その為にどんな努力をしているのかを最大限にPR出来なくてはなりません。オーディションの際に審査員が注目するのは、表現力、声質、人を引き付ける魅力、そして可能性といわれています。したがって、ただ歌が上手いだけではオーディションに受かる事は難しく、新しい声質や将来の可能性などを評価される事が重要なカギとなります。オーディションの際に歌う曲は時分に合った曲を選ぶ事が大切となり、どれだけ審査員に印象を植え付ける事ができたかが合否の判定ポイントとなります。